お肌の5月病

お肌の5月病

「お肌の5月病」ってご存じですか?
5月病といえば、普通は入学や就職、転勤や異動など、4月にあったいろいろな変化に対応しきれずにいろいろ生じる心身の症状のこと。それでは「お肌の5月病」とは?

 

実は、5月とは、乾燥肌になりやすい季節なのです。
その理由ですが、5月とは初夏とも思える日照があり、しかも梅雨を前にした隠れた「乾期」なのです。
日照量が増え、太陽の光も強くなるので、紫外線もパワーアップ。
春先までの気分でケアしていると、肌のダメージは避けられません。
しかも、汗もかきやすい気温になるので、肌の表面上は脂っぽく感じたりして、その実はインナードライ肌(隠れ乾燥肌)ということもよくあります。

 

さらに、新入社員に限らず、年度初めは多くの人があたらしい環境にさらされる季節。
そのストレスなどもたまりはじめるのが5月。
もちろん、そのストレスや身体的な疲労も肌荒れに直結します。

5月の肌荒れ・乾燥肌対策

5月は風もさわやか、日差しも暖か…。
冬の寒風や春の嵐を乗り越えて、ほっとする時期ですが、スキンケアは手を抜いてはいけません。

 

まず、暖かくなるので、乾燥に対する警戒が緩みがちですが、肌は以外と乾いています。
なので、やはり保湿ケアは重要。
化粧水や美容液などによるトリートメントはもちろんですが、その前におろそかにできないのが汗の処理です。

 

やはり暖かくなって汗をかきやすくなります。
その汗を、タオルなどでごしごしこすって拭き取っては、肌の表面組織やバリア組織まで壊されます。
かといって、そのまま放置しておいては汗が蒸発するときに熱を奪われ、肌もあまり愉快ではありません。また、汗にほこりや汚れが付着し、それがそのまま毛穴などに残ることがあります。
なので、汗はティッシュやハンカチなどで、押さえつけるようにして対処します。

 

他にも増えてくる紫外線にたいする対策も大切。
紫外線を遮断する製品を意識するのももちろんですが、肌自体のバリア機能をしっかり整える(あるいはサポートする)スキンケアもポイントになります。

皮膚のバリア機能をアシストする
肌荒れにおススメの化粧水
美容液の解説はこちらから
クリック!


関連ページ

季節によって化粧水を変える肌荒れ対策
肌荒れの発生やその状態は、季節によって変化することがあります。つまりケアする化粧水も季節によって考える、ということ?

肌荒れに必須!バリア層のケア方法 化粧水の選び方 化粧水ランキング 肌断食について