肌に優しいクレンジング

肌に優しいクレンジング捜し

肌に優しいクレンジングを探す前に、まず認識しておくべきことがあります。
それは、ほとんどのクレンジングには、界面活性剤が含まれているものだということ。
化学成分は肌に悪そうなイメージがあり、使うのはやむを得ないにしても、肌に優しいクレンジングとしては、界面活性剤の使用が可能な限り控えめであることが求められるのが人情です。

 

ただ、界面活性剤が少なければ少ないほど良いとは必ずしも言えず、少ないとメイクとのなじみが悪くなります。
そうかとって、メイクとのなじみを良くするために界面活性剤を増やすほど肌を痛めやすくなり……と、肌に優しいクレンジングとして折り合いをつけるのは容易なことではありません。

 

ちなみに、タイプ別にクレンジング力の高い方から順に挙げると一般に、オイル、クリーム、ジェル、ミルク、ローションとなります。

肌に優しいクレンジングの使い方

単純に考えるとローションが、肌に優しいクレンジングとしてベストだと言えそうですが、それでも界面活性剤入りであることには変わりありません。

 

性質的に、ミルクやローションが相対的に、肌に優しいクレンジングだと言えますが、それでも時間をかけすぎると肌に負担になるので、3、40秒程度で手早く肌にのばし、その後はぬるま湯で洗い流すのがコツです。
それでもクレンジングはメイクを落とすのが身上なので、軽めのメイクならミルク、濃いメイクならオイルなど、その日のメイクや肌の状態に応じて使い分けるのが実用的です。

 

またクレンジングには、シート状やふき取るタイプもありますが、肌を強くこすりがちなので、肌に優しいクレンジングとして適当でないという意見もあります。
こうしたタイプのものを使用する際は、刺激で赤みやシミの原因を作らないよう、こすらないように使えば肌を傷付けることはありません。

皮膚のバリア機能をアシストする
肌荒れにおススメの化粧水
美容液の解説はこちらから
クリック!


関連ページ

肌に優しい化粧水
肌に優しい化粧水は、大雑把には成分を見れば判断できます。ただ自分の肌に合う合わないはトライアルセットなどでお試ししないとわかりません。
肌に優しいファンデ
肌に優しいファンデってどこのブランド?パウダー、クリーム、リキッド
肌に優しいBBクリーム
肌に優しいBBクリームは低刺激が特徴で、敏感肌やアトピー肌など、肌が弱い人でも安心して使える場合があります。
肌荒れが避けるべき化粧水成分
肌荒れの人が避けるべき化粧水や化粧品の成分とは?
肌荒れに優しい乳液
肌荒れに優しい乳液は、美容雑誌や口コミサイトで話題に上ることが多いスキンケア用品で、スキンケアのフィナーレを飾る役割をもっています。

肌荒れに必須!バリア層のケア方法 化粧水の選び方 化粧水ランキング 肌断食について