肌荒れに優しい乳液

肌荒れに優しい乳液

口コミサイトで話題に

 

肌荒れに優しい乳液は、美容雑誌や口コミサイトで話題に上ることが多いスキンケア用品で、スキンケアのフィナーレを飾る役割をもっています。お肌が乾燥気味の人はとくに、潤い成分の補給・キープが効果的にできるかどうかは、製品の選び方と使い方にかかっているといって過言ではありません。

 

肌表面に薄い皮脂膜を

 

肌乾燥は外部刺激を受けやすくし、肌トラブルの原因になります。肌荒れに優しい乳液とは、肌表面に薄い皮脂膜を張って(あくまでイメージ)、水分を逃さないアイテムと定義できます。
肌荒れに優しい乳液は一般に、とろみのあるテクスチャが特徴的です。ベタつきが苦手という人も、肌乾燥の予防・改善のために、自分に合ったものをみつけて、なるべく使うようにするのがおすすめです。
肌荒れに優しい乳液は、モイスチャーミルクとも呼ばれるくらいで、たしかに保湿作用も込みになっています。セラミドやヒアルロン酸など、保湿成分が配合されているかは要チェックです。
保湿成分にはほかに、グリセリン、BG(ブチレングリコール)、ソルビトール、乳酸Naなどがあります。パッケージなどで「潤いを補う」「しっとり」といった単語が明示されているかが、キーワードになります。
活性酸素も肌荒れの原因になるので、抗酸化成分が配合されているかも、肌荒れに優しい乳液の条件になります。ビタミンEやポリフェノールは、有名な抗酸化成分です。

 

コスパを高める使い方

 

肌荒れに優しい乳液は、それ自体もすばらしいのですが、さらにコスパを高める使い方があります。スキンケアの完成度を高めるために、押えておきたいポイントです。
肌荒れに優しい乳液はまず、手のひらに10円玉大の量をとり、体温で温めてからつけるのがコツです。顔の中心から外側へ、手を押しあてるように伸ばします。目元や口元の乾燥しやすい部分は重ねづけをし、皮脂が気になる部分はティッシュで軽く押えて、余分な油分をふき取るようにします。
肌荒れに優しい乳液は、油分を適度に含んでいるので、部分的なクレンジングにも応用可能です。ちょっとしたクレンジングには、手のひらに適量とり、やはり温めてから丁寧に伸ばすのがコツです。
肌荒れに優しい乳液は、マッサージにも使えます。手のひらにたっぷりとってから、筋肉の流れに沿って、丁寧に伸ばしていくのです。マッサージの際、力を入れすぎたりゴシゴシこすったりすると、刺激になるので要注意です。

 

保湿化粧品の多くが該当

 

肌荒れに優しい乳液をザッとみると結局、アンチエイジング化粧品や敏感肌化粧品、広い意味での保湿化粧品の多くが該当することが見て取れます。肌乾燥を改善させ、お肌のバリア機能を高めるなどの働きで、共通点は多くあります。保湿ケアが肌トラブルの多くに対応可能であることは、年齢肌や敏感肌さんにはとくに実感がこもるポイントでしょう。

皮膚のバリア機能をアシストする
肌荒れにおススメの化粧水
美容液の解説はこちらから
クリック!


関連ページ

肌に優しい化粧水
肌に優しい化粧水は、大雑把には成分を見れば判断できます。ただ自分の肌に合う合わないはトライアルセットなどでお試ししないとわかりません。
肌に優しいファンデ
肌に優しいファンデってどこのブランド?パウダー、クリーム、リキッド
肌に優しいBBクリーム
肌に優しいBBクリームは低刺激が特徴で、敏感肌やアトピー肌など、肌が弱い人でも安心して使える場合があります。
肌に優しいクレンジング
肌に優しいクレンジングとは?
肌荒れが避けるべき化粧水成分
肌荒れの人が避けるべき化粧水や化粧品の成分とは?

肌荒れに必須!バリア層のケア方法 化粧水の選び方 化粧水ランキング 肌断食について