肌荒れが避けるべき化粧水成分

化粧水でボロボロの肌荒れを刺激してはいけない

肌のぶつぶつ、ボコボコ、カサカサ肌やかゆみ、赤み、ざらざら…肌荒れはつらいものです。
化粧水や美容液などのスキンケアで対処する人の方が、病院へ通う人よりも多数派だそうですが、やはり手軽に毎日ケアできるのがイイですよね。
ただ、場合によっては、その毎日のケアが肌をいためることになっているかもしれません。

 

肌荒れ状態の皮膚表層はボロボロになっているケースがほとんどです。
大げさに言えば「皮膚表面がケガをした状態」とも言えますから、刺激性の成分は厳禁です。
通常、市販されている化粧品や医薬部外品は、いちおう「人体に対して使っても大丈夫ですよ」と厚生労働省が認可した成分で作られているので、基本的には安全とされますが、それでも肌に合う・合わないなどがあります。

 

ラウリル硫酸/界面活性剤
パラフェニレンジアミン/染毛剤
パラベン、パラオキシ安息香酸エステル/殺菌防腐剤
タール系色素/赤色○号 青色○号など
ラノリン/油分
化学合成香料
プロピレングリコール/保湿剤

 

これらはいずれも厚生労働省に認められている成分ですが、違和感を感じたときには、その時に使った化粧品の成分表を見てみましょう。
特に化学合成で作られた人工香料はアレルギーの原因になりやすいのですが、ラベルには「香料」としか記載されていないので見落としがち。
それと、アルコールやエタノールといった揮発性成分は、お肌がスーッとして気持ちよく、一見、衛生的な感覚が得られるのですが、頻繁な使用はあまり肌によくありません

こんな成分に注意

成分名としてひとつひとつ挙げると無数にあるのですが、大雑把にいうと、注意すべきは以下になります。

 

殺菌剤・防腐剤

 

製品の劣化防止などのためにはやむを得ない場合が多いのですが、特にアルコール/エタノールは殺菌効果が強いので、使いすぎによって、皮膚表面の悪い菌だけでなく、常在善玉菌まで殺してしまい、この善玉菌が形成するバリア機能を損ねてしまいます。

 

合成界面活性剤

 

クレンジングなどでは、水分と油分の境界をファジーにする界面活性効果がどうしても必要になりますが、その効果が過ぎると肌のバリア層破壊につながります。

 

やはり「肌を傷めること」なく、できれば「バリア層も修復」してくれるような製品を選びたいものです。

 

皮膚のバリア機能をアシストする
肌荒れにおススメの化粧水
美容液の解説はこちらから
クリック!


関連ページ

肌に優しい化粧水
肌に優しい化粧水は、大雑把には成分を見れば判断できます。ただ自分の肌に合う合わないはトライアルセットなどでお試ししないとわかりません。
肌に優しいファンデ
肌に優しいファンデってどこのブランド?パウダー、クリーム、リキッド
肌に優しいBBクリーム
肌に優しいBBクリームは低刺激が特徴で、敏感肌やアトピー肌など、肌が弱い人でも安心して使える場合があります。
肌に優しいクレンジング
肌に優しいクレンジングとは?
肌荒れに優しい乳液
肌荒れに優しい乳液は、美容雑誌や口コミサイトで話題に上ることが多いスキンケア用品で、スキンケアのフィナーレを飾る役割をもっています。

肌荒れに必須!バリア層のケア方法 化粧水の選び方 化粧水ランキング 肌断食について