本当に肌にいい化粧品

本当に肌にいい化粧品の基本

ドラッグストアなどの店頭をザッと見るだけでも分かることですが、シーズンごとに実に多彩な新製品が出てくるものだと感心させられます。その中にあって、自分にとって本当に肌にいい化粧品がどんなものか、確信をもって選べる人は少ないのではないでしょうか。

 

肌は生活習慣、月経周期、季節などによっても状態が変化もすれば、目や鼻などの臓器と同様、年齢とともに老化もしていきます。
そこで、肌の状態に応じたケアや老化を遅らせるためのスキンケアが必要になります。
そのためには、自分の肌の状態をキッチリ把握した上で、本当に肌にいい化粧品を選び取りたいものです。

 

正しいスキンケアとは、何だか難しそうですが、要は「洗う、(水分や不足成分を))補う、(水分や有効成分を)保護する」の3ステップが基本です。
どのメーカー品が良いか迷った時は、3ステップの基本に立ち返り、それが本当に肌にいい化粧品なのか検討すると、自然と選択肢が見えてくるでしょう。

オーガニックならば安心というわけではない

ちなみに、化粧品の肌への危険性に関心が高まるなか、最近では無添加、自然派、オーガニックといった化粧品が注目を集めています。
何となく穏やかに作用しそうで、本当に肌にいい化粧品のイメージがありますが、そういった化粧品の基準を定めた法律は、日本には実はないのです。

 

現状では、単に植物由来の原料を使っているから自然派だとうたったメーカーも多いのですが、本当に肌にいい化粧品として使われている天然成分そのものが、人によっては肌に合わないケースもあります。
自然素材だとか無添加だから安心だなど思い込まず、パッケージの成分を確認したり、お試しを使って相性を確認したりすることが大切です。

 

▼肌荒れ・敏感肌・アトピー肌向けの化粧水の一覧表▼

本当に肌にいい化粧品記事一覧

肌に優しい化粧水

化粧水は、水をベースとして、整肌効果や保湿効果の高い成分を配合させたものが一般的です。肌を柔らかくしっとりさせる効果があるので、柔軟化粧水と呼ばれることがありますが、アルコールが肌への刺激になることがあります。そのためノンアルコールのものが作られるようになり、肌に優しい化粧水として人気になっています...

≫続きを読む

肌に優しいファンデ

肌に優しいファンデの話の前に、まずファンデにどんなタイプがあるのか、復習です。市販品を大きく分けると、パウダー、クリーム、リキッドの3タイプあります。かんたんに言うと、パウダータイプは顔料をシリコンなどの油性成分や乳化剤で固め、コンパクトに収めたもの。クリームタイプやリキッドタイプは、顔料に脂分や水...

≫続きを読む

肌に優しいBBクリーム

敏感肌など、化粧品の使用を控えたい人にとって、1本でメイクができる肌に優しいBBクリームは、大好評の模様です。さらに最近では、UVカット機能も備えたものが販売され、人気に拍車をかけています。ちなみに、BBクリームのBBとは、blemish balm(傷を補うクリーム)の略称です。元々荒れた肌を治療す...

≫続きを読む

肌に優しいクレンジング

肌に優しいクレンジングを探す前に、まず認識しておくべきことがあります。それは、ほとんどのクレンジングには、界面活性剤が含まれているものだということ。化学成分は肌に悪そうなイメージがあり、使うのはやむを得ないにしても、肌に優しいクレンジングとしては、界面活性剤の使用が可能な限り控えめであることが求めら...

≫続きを読む

肌荒れが避けるべき化粧水成分

肌のぶつぶつ、ボコボコ、カサカサ肌やかゆみ、赤み、ざらざら…肌荒れはつらいものです。化粧水や美容液などのスキンケアで対処する人の方が、病院へ通う人よりも多数派だそうですが、やはり手軽に毎日ケアできるのがイイですよね。ただ、場合によっては、その毎日のケアが肌をいためることになっているかもしれません。肌...

≫続きを読む

肌荒れに優しい乳液

口コミサイトで話題に肌荒れに優しい乳液は、美容雑誌や口コミサイトで話題に上ることが多いスキンケア用品で、スキンケアのフィナーレを飾る役割をもっています。お肌が乾燥気味の人はとくに、潤い成分の補給・キープが効果的にできるかどうかは、製品の選び方と使い方にかかっているといって過言ではありません。肌表面に...

≫続きを読む


肌荒れに必須!バリア層のケア方法 化粧水の選び方 化粧水ランキング 肌断食について