肌荒れのときは化粧水はしない

肌荒れのときには化粧水による手入れをしない

肌荒れを起こしているというときは、化粧水さえもスキンケアでつけてみると沁みてきてしまうことも少なくはないです。
それでもスキンケアはしたい、と言っても「肌に刺激を与えることは避けるようにする」ほうが無難だったりするのです。
ときには、普段使っている化粧水、あるいは今日使い始めた(ひょっとしたら高級な)化粧水が、肌荒れの原因になってる場合すらあるからです。
肌が荒れているというときは敏感肌になっていることでもあるので、不要な刺激は厳禁。
無理にパックをしたりなどと刺激的になることをしない方が肌にとってはよかったりするからなのです。

いつも使う化粧水でも一度それを断ってみる

普段使っていた化粧品がしみる、肌荒れの原因になっているみたいだ。
場合によっては、化粧品が古くなって劣化した、ということも考えられますが、そうでないならば、化粧品のほうは変わっていないのですから、あなたの肌の状態に変化が起きていると考えるのが自然です。
季節の変わり目などに肌が敏感になっていたりするせいもあったりするのですが、肌はそういった変化に非常に敏感になっているので感じやすいことだったりします。
肌荒れもふとしたことで起こってしまうことだったりするのですが、化粧水が沁みている状態だったらしばらくは使用することは避けておいたほうが正しいと言えるのです。
つまり、一時的な「化粧品断食」です。
あとはその状態の時は肌が乾燥がちだったりするのもあったりするのですが、肌のコンディションが崩れている可能性が高かったりするのです。

皮膚のバリア機能をアシストする
肌荒れにおススメの化粧水
美容液の解説はこちらから
クリック!



肌荒れに必須!バリア層のケア方法 化粧水の選び方 化粧水ランキング 肌断食について