肌荒れに効く化粧水

肌荒れに効く化粧水や美容液


皮剥けと赤み、痒みをなんとかしたい!

肌荒れの症状にもいろいろありますが、皮膚の「赤み」、「かゆみ」、さらに「皮剥け」の三重奏になると、肌荒れのつらさも大変なものです。
その三重奏に悩んでいたのが34歳、混合肌の「kasumin」さんです。
彼女は、多くの人がそうであるように、肌荒れを化粧水や美容液などによるスキンケアで克服しようとしました。そのお話しから伝えたいと思います。さてさて、どうなったでしょうか…。
季節の変わり目に突然肌荒れをおこし、今まで使用していた化粧品が合わなくなりました。
皮剥け赤み痒みに悩まされ、新しいスキンケアを取り入れるのも怖い状態。
ファンデーションをつけても、鱗みたいになってしまうので、なんとかせねばと、ネットの検索でこちらの商品にたどり着きました。敏感肌の方にオススメと聞いて、まずはトライアルを使ってみる事に。

使ったその日にファンになるくらい使い心地が良かったです!
とろみはあるけど、肌の上に残らずしっかり浸透してくれるし、何より皮剥けがおさまったんです!さすが敏感肌向け。

※引用:@cosme


「kasumin」さんが肌荒れ対策として使ったのが、敏感肌専門ブランドであるディセンシアのアヤナス
敏感肌専門ブランドだからこそ開発できた「バリア層強化」+「超保湿」+「シワ・たるみケア」という優れものです。
上記のコメントはリニューアル以前のものですが、現在はリニューアルを果たしてさらにパワーアップしています。

さて、ディセンシアの「バリア層強化」の特徴は、微細ベントナイトで皮膚表面に擬似角層を作り、いわば物理的シールド(盾)のように肌を守ってくれることです。



この「擬似角層」は、「潤いにフタ」をするのにも貢献してくれ、その保湿力は当サイトスタッフも「一晩で実感した」と報告しています。

「kasumin」さんはこうも書いています(※リニューアル以前のものです)。
香りも天然アロマの良い香りで、毎日のケアが楽しくなりました。トライアルを使いきったので、今は本品を購入して使っています。

化粧品で肌が痒くなる方、赤みが出やすい方、極度の乾燥状態の方は、一度トライアルを使ってみてください。

※引用:@cosme

毎日のお手入れが「楽しくなる」というのがイイですね。
このアヤナスのとろみパワーはリニューアルによってパワーアップしているようで、リニューアル後の口コミとしては次のようなコメントがあります。
以前の物(リニューアル前のアヤナス)よりさらににとろみが増しました。相変わらずの透明のローションで、トロトロ感はアップしつつ、だからと言って浸透しにくいという事はありません。
むしろ以前の物より浸透力はアップして、さらさらに仕上がるようなった気がします。
リニューアルしてストレスによる肌荒れにも対応できるようになったとのことで、仕事ストレスでイライラしっぱなしの毎日にはちょうどいいと思います。
香りも以前はいかにも化粧品という香りでしたが、これは蓋を開けた途端アロマオイルのような香りがします。自分が好きなラベンダーが入っているからだと思います。

びっくり虫Σ(゜Д゜)さん

※引用:@cosme



当サイトでは、このメーカーさんにも実際に取材して、お話しをうかがっています。
その時は、「効果や性能はもちろんですが、感触や使い心地にこだわりました」という言葉が印象的でした。
口に苦い薬ではなく、美味しい料理のように毎日ケアを楽しんでもらいたい」という姿勢は、本当に使う人のことを考えていると思います。

 ※アヤナスの詳細をすぐに見るクリック!

また、「肌荒れがひどい」、「アトピー肌だ」、「花粉症の季節でアレルギーがきつい」という場合はこちらをどうぞ⇒アトピー肌の化粧水ランキング

他にどんな肌荒れ対策化粧水があるの?

肌荒れの原因や肌質のタイプなどによって、おすすめできる化粧水・美容液は違いますそれぞれのランキングページを作成していますので、参考にしてください。下のリンクからジャンプできます。

 

 

肌荒れにもおすすめの美白ケアならば…

 

【乾燥タイプ】の肌荒れ向け化粧水ランキング
【アトピータイプ】の肌荒れ向け化粧水ランキング
【脂性】肌荒れ向け化粧水ランキング

 

 

化粧水も含めたデイリーのスキンケア用品は一般的に医薬品ではないので、そこに「薬のように効く」のを求めるべきではありませんが、毎日行うケアだからこそできることがあります。
ただ、どんなに素晴らしい化粧水や美容液でも、「肌に合う、合わない」があります。
多くのメーカーは、格安、時には激安と言ってもよいようなお得な価格で「トライアルセット」を用意しています。
まずは、そういった負担の少ない方法を使って、いろいろなスキンケアをお試ししてみるのがよいですね。

肌荒れに効くのは、やっぱり「バリア層強化」

肌荒れ状態の皮膚表層のバリア層がボロボロになっているわけですから、
つまりは、「皮膚表面がケガをした状態」とも言えます。
当然のことながら刺激性の成分は厳禁で、肌のバリア機能を壊す成分はできるだけ避けるべきです。

 

さらに、損なわれたバリア層をサポート、できればリペアしてくれるような機能があれば肌荒れに効果的です。
肌荒れ対策というと、よく「保湿」に目が行きますが、「保湿」だけでなく、「バリア層のアシスト」にも注目して選びたいものです。
この機能に対して特許技術を駆使したブランドが敏感肌専門のディセンシアです。
テレビなどでは宣伝していないですし、ドラッグストアや店舗には置いていませんから知らない人も多いと思いますが、雑誌の特集などでは時々話題になっています。
ディセンシアについての詳細はこちら=ディセンシア

肌荒れに使うなら保湿ケアを中心に

肌荒れに効く化粧水は、基本、保湿ケアを中心に考えなければいけません。
口コミで大評判の保湿成分セラミドやコンドロイチンが配合されると、値段が高くなると思われがちですが、プチプラで代用できるケースがあったりします。化粧品の目利きなら、ひょっとして掘り出し物がみつけられるかもしれません。

 

保湿化粧水の言い換え

 

肌荒れに効く化粧水とは、ほとんど保湿化粧品の言い換えです。肌ケアが功を奏して、カサカサ肌に潤いが戻れば、バリア機能が回復し、肌トラブルも治まっていくという寸法です。
保湿成分として、グリセリンやスクワランは、肌荒れに効く化粧水の多くに配合されています。セラミドも評判高い保湿成分で、潤いケアの要です。ナノ化したヒト型ナノセラミドは高浸透力がメリットで、肌荒れに効く化粧水は、セラミド化粧水と同一視されているくらいです。
肌荒れに効く化粧水は、外部刺激の影響を抑えるため、低刺激であることも求められるポイントです。香料、着色料、アルコールフリー等々の低刺激処方は、敏感肌向けの化粧水に多くある特徴です。
肌荒れに効く化粧水として評判がよくても、個人レベルでは合う合わないの問題があります。お試しやパッチテストは、重要なファーストステップです。ドラッグストアではよく、テスタやーやサンプルがあり、通販系では初回限定で購入できるお試しセットが使えます。

 

プチプラに掘り出し物があることも?

 

世間では、肌荒れに効く化粧水イコール高級品の図式ができ上がっているようですが、口コミから察するに、例外もある模様です。極端な話、安かろうのイメージが強いプチプラに掘り出し物があるかもしれません。
プチプラ、便宜上1000円以下に限定すると、肌荒れに効く化粧水として、インターネット上で多数ヒットします。簡素なパッケージなど、値段を抑えるための企業努力が感じ取れます。
プチプラといっても、セラミド、ヒアルロン酸、ハトムギエキスなどの保湿成分が配合されていることが多々あって、なかなか手ごたえがありそうです。高級化粧品と比較して、含有量が若干少ないなど、ワケありの部分はあるでしょうが、肌荒れに効く化粧品として十分なレベルにある製品も少なくないといいます。
プチプラは、販売価格からして永久お試し品も同然なので、口コミや直感であたりをつけたら即買いです。「保湿」などが、肌荒れに効く化粧水のキーワードになります。

 

化粧水の後はクリームで仕上げを

 

スキンケアの際、化粧水止まりにすると、どんどん水分が失われ、肌乾燥を進める原因となり、肌ケアにマイナスになります。肌荒れに効く化粧水をつけた後で、乳液やクリームで仕上げをして、取り入れた潤いをキープするのが鉄則です。潤いキープが毎日の習慣になれば、肌質・年齢に関係なく、肌荒れ知らずで世間に自慢できるほどの美肌も、射程内に入ってくることでしょう。

皮膚のバリア機能をアシストする
肌荒れにおススメの化粧水
美容液の解説はこちらから
クリック!



肌荒れに必須!バリア層のケア方法 化粧水の選び方 化粧水ランキング 肌断食について