肌荒れに効く化粧水

化粧水がしみる、肌荒れでヒリヒリする



肌荒れの主な原因は2つ


きちんとスキンケアをしたいのに、化粧水がしみるとあっては、最初からつまずいてしまいます。
お肌がヒリヒリするなど、肌荒れの主な原因は2つあります。犯人は、化粧品か、自分のお肌か、それともほかに……原因を明らかにすることが、スキンケア方法改善の第一歩となります。

成分配合が原因のケース

化粧水がしみるのは、成分配合が原因のケースが考えられます。
潤いを補うはずの成分が、ある人にとってはアダになり、お肌がヒリヒリすることがままあるのです。
ヒリヒリ感を高める原因物質としては、アルコール、香料、紫外線吸収剤などの刺激成分が考えられます。
しみる化粧水ということで、容器やパッケージなどで成分表示を確認すると、ほぼほぼの確率で刺激成分のどれかが配合されているとみて間違いないのです。
それならば、刺激成分が入っていなければ、化粧水がしみることはないのかと言いたいところですが、そうとも限りません。お肌によさようなオーガニックな化粧品でも、特定の人には刺激成分と化して、お肌をヒリヒリさせるケースがあるのです。
さらに、同じ人の同じ肌であって、あるときは平気、あるときはしみる、ということも往々にしてあります。
お肌のヒリヒリ感は多くは肌乾燥が原因にあげられ、保湿ケアが肌荒れ予防に効果的であることは多くが認めるところです。
セラミド、ヒアルロン酸、ビタミンC誘導体などの保湿成分が配合されている製品を使うようにすると、しみる化粧水に出くわす確率が大肌に低下します。

肌質変化が原因のケース

化粧水がしみるのは、肌質変化が原因のケースもあります。
お肌が突然、ヒリヒリするようになるのは、なにかのシグナルであることが往々にしてあるのです。
お肌がヒリヒリすることが多い敏感肌は、化粧品がしみるようになってはじめて実感されるケースは多いようです。
セラミドなどお肌の保湿成分が減って、肌乾燥が進んだために、バリア機能が低下したことが主な原因です。

それまで使っていた化粧水がしみるようになるのは、加齢が原因の場合もあります。
カサカサの年齢肌がベースにあり、肌乾燥がひどくなることも、お肌のヒリヒリ感を高める原因になり得ます。
ストレスも、肌荒れの原因になることがあります。たまったストレスでお肌のターンオーバーを乱れることで、化粧水がしみるなどの影響が出て、お肌がヒリヒリするようになることはままあることです。心当たりのある向きは、ストレスをコントロールしたり、うまくリラックスすることも間接的なスキンケアにもつながります。

少しずつ慣らすように


セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分配合で低刺激処方がメリットであるといっても、実際のところ、自分の肌に合うか、あるいはそのときの肌の状態にあうかは試してみなくてはわかりません。
本当にお肌がヒリヒリしないか確認するために、新しい化粧水を使う際、少しずつ慣らすようにつけるのがコツです。普通につけたのに強い刺激を感じて、しみる場合は2?3日使用を中止して、お肌の状態をみながら様子をみることがおすすめです。

皮剥けと赤み、痒みをなんとかしたい!

肌荒れの症状にもいろいろありますが、皮膚の「赤み」、「かゆみ」、さらに「皮剥け」の三重奏になると、肌荒れのつらさも大変なものです。
その三重奏に悩んでいたのが34歳、混合肌の「kasumin」さんです。
彼女は、多くの人がそうであるように、肌荒れを化粧水や美容液などによるスキンケアで克服しようとしました。そのお話しから伝えたいと思います。さてさて、どうなったでしょうか…。
季節の変わり目に突然肌荒れをおこし、今まで使用していた化粧品が合わなくなりました。
皮剥け赤み痒みに悩まされ、新しいスキンケアを取り入れるのも怖い状態。
ファンデーションをつけても、鱗みたいになってしまうので、なんとかせねばと、ネットの検索でこちらの商品にたどり着きました。敏感肌の方にオススメと聞いて、まずはトライアルを使ってみる事に。

使ったその日にファンになるくらい使い心地が良かったです!
とろみはあるけど、肌の上に残らずしっかり浸透してくれるし、何より皮剥けがおさまったんです!さすが敏感肌向け。

※引用:@cosme


「kasumin」さんが肌荒れ対策として使ったのが、敏感肌専門ブランドであるディセンシアのアヤナス
敏感肌専門ブランドだからこそ開発できた「バリア層強化」+「超保湿」+「シワ・たるみケア」という優れものです。
上記のコメントはリニューアル以前のものですが、現在はリニューアルを果たしてさらにパワーアップしています。

さて、ディセンシアの「バリア層強化」の特徴は、微細ベントナイトで皮膚表面に擬似角層を作り、いわば物理的シールド(盾)のように肌を守ってくれることです。



この「擬似角層」は、「潤いにフタ」をするのにも貢献してくれ、その保湿力は当サイトスタッフも「一晩で実感した」と報告しています。

「kasumin」さんはこうも書いています(※リニューアル以前のものです)。
香りも天然アロマの良い香りで、毎日のケアが楽しくなりました。トライアルを使いきったので、今は本品を購入して使っています。

化粧品で肌が痒くなる方、赤みが出やすい方、極度の乾燥状態の方は、一度トライアルを使ってみてください。

※引用:@cosme

毎日のお手入れが「楽しくなる」というのがイイですね。
このアヤナスのとろみパワーはリニューアルによってパワーアップしているようで、リニューアル後の口コミとしては次のようなコメントがあります。
以前の物(リニューアル前のアヤナス)よりさらににとろみが増しました。相変わらずの透明のローションで、トロトロ感はアップしつつ、だからと言って浸透しにくいという事はありません。
むしろ以前の物より浸透力はアップして、さらさらに仕上がるようなった気がします。
リニューアルしてストレスによる肌荒れにも対応できるようになったとのことで、仕事ストレスでイライラしっぱなしの毎日にはちょうどいいと思います。
香りも以前はいかにも化粧品という香りでしたが、これは蓋を開けた途端アロマオイルのような香りがします。自分が好きなラベンダーが入っているからだと思います。

びっくり虫Σ(゜Д゜)さん

※引用:@cosme



当サイトでは、このメーカーさんにも実際に取材して、お話しをうかがっています。

その時は、「効果や性能はもちろんですが、感触や使い心地にこだわりました」という言葉が印象的でした。
口に苦い薬ではなく、美味しい料理のように毎日ケアを楽しんでもらいたい」という姿勢は、本当に使う人のことを考えていると思います。

 ※アヤナスの詳細をすぐに見るクリック!

また、「肌荒れがひどい」、「アトピー肌だ」、「花粉症の季節でアレルギーがきつい」という場合はこちらをどうぞ⇒アトピー肌の化粧水ランキング


他にどんな肌荒れ対策化粧水があるの?


肌荒れの原因や肌質のタイプなどによって、おすすめできる化粧水・美容液は違いますそれぞれのランキングページを作成していますので、参考にしてください。下のリンクからジャンプできます。



肌荒れにもおすすめの美白ケアならば…


【乾燥タイプ】の肌荒れ向け化粧水ランキング
【アトピータイプ】の肌荒れ向け化粧水ランキング
【脂性】肌荒れ向け化粧水ランキング


化粧水も含めたデイリーのスキンケア用品は一般的に医薬品ではないので、そこに「薬のように効く」のを求めるべきではありませんが、毎日行うケアだからこそできることがあります。
ただ、どんなに素晴らしい化粧水や美容液でも、「肌に合う、合わない」があります。
多くのメーカーは、格安、時には激安と言ってもよいようなお得な価格で「トライアルセット」を用意しています。
まずは、そういった負担の少ない方法を使って、いろいろなスキンケアをお試ししてみるのがよいですね。

肌荒れ治すためにおすすめの習慣とは?


肌は健康のバロメーター


肌荒れ治す方法として、それに効果が期待できる化粧水や化粧品の利用は大切ですが、それだけやって、生活習慣がメチャクチャというのでは、治るものも治りません。
風邪をひいたときに、よく効く薬にばかり頼って、休みなしの荒んだ日々では治りませんからね。
そこで、気をつけたい生活習慣があります。それも食事療法、保湿ケア、UVケア、ストレスケア、禁煙……と、本当にバラエティに富んでいます。肌は健康のバロメーターとはよくいったもので、たとえば便秘解消がつやつや肌につながるなど、体の内側の状態と密接にリンクしている性質は、肌ケアに応用できるポイントになり得ます。

バランス食は美肌の源

体の内側からのケアには、肌荒れ治す方法として、偏らない食生活を心がけることが大切で、バランス食は美肌の源となります。たんぱく質・ビタミンはとくに大切な栄養素なので、毎日バランスよく摂取することが効果的です。
個々の食品では、やまいもは、肌荒れ治す食べ物の代表格です。やまいものヌルヌル成分のムチンは、新陳代謝を高め、肌を潤し、荒れた肌にすべすべ感をもたらします。胃腸を丈夫にする作用もあり、便秘による肌荒れにも効果的です。
ごまも、肌荒れ治す食べ物のひとつで、リノール酸やビタミンEなど、血行をよくし、肌を滑らかにする栄養素の宝庫です。毎日のごま茶は、肌のしっとり度がアップする、おすすめ肌ケア方法です。清朝末期で勢力を張った、かの西太后も、美肌キープのために、ごまを好んで食べていたと伝えられています。
肌荒れ治すには、便秘を解消するのがポイントで、野菜や果物で食物繊維の摂取が効果的です。乳酸菌やビフィズス菌が豊富なヨーグルトも便秘解消に効果があり、良質のたんぱく質、ビタミンB2・Aなど美肌成分も豊富です。

毎日のスキンケアが肝心

肌乾燥は、肌トラブルの原因になります。スキンケアは、有力な肌荒れ治す方法にあげられます。保湿ケアはとくに重要で、セラミドやヒアルロン酸など、敏感肌向けの化粧品を中心に探すと、上手くいくでしょう。
紫外線はあたりすぎれば、コラーゲンやエラスチンが減少・劣化し、美肌の大敵になります。UVケアも、大切な肌荒れ治す方法になるわけで、日傘、サングラス、日焼け止めなどを使ってのがっちりガードが、荒れた肌の改善に効果的です。
ストレスを抱えると、ホルモンバランスがくずれ、肌のバリア機能が低下し、新陳代謝が乱れます。ストレスケアも、肌荒れ治す方法のひとつにあげられます。趣味や運動で気分転換する、アロマテラピーをたしなむなどで、上手にストレスを解消したいものです。
たばこのニコチンは、毛細血管を収縮させ、酸素供給も減少させ、肌の健康も損ねます。肌荒れ治すために、禁煙も立派な肌ケア方法です。

予防のため引き続きケアを

肌荒れ治すセルフケアは、肌負担レスで続けやすい半面、効果が実感できるまで時間がかかる傾向があります。めでたく肌荒れが治った後も、予防のため引き続きケアを絶やさないことが大切です。言うまでもなく、かゆみが止まらない、肌に赤みが出てきたなどで改善されない場合は大事を取って、皮膚科を受診して必要な治療を受けるのがおすすめです。

肌荒れに効くのは、やっぱり「バリア層強化」

 

肌荒れ状態の皮膚表層のバリア層がボロボロになっているわけですから、
つまりは、「皮膚表面がケガをした状態」とも言えます。
当然のことながら刺激性の成分は厳禁で、肌のバリア機能を壊す成分はできるだけ避けるべきです。

 

さらに、損なわれたバリア層をサポート、できればリペアしてくれるような機能があれば肌荒れに効果的です。
肌荒れ対策というと、よく「保湿」に目が行きますが、「保湿」だけでなく、「バリア層のアシスト」にも注目して選びたいものです。
この機能に対して特許技術を駆使したブランドが敏感肌専門のディセンシアです。
テレビなどでは宣伝していないですし、ドラッグストアや店舗には置いていませんから知らない人も多いと思いますが、雑誌の特集などでは時々話題になっています。
ディセンシアについての詳細はこちら=ディセンシア

 

 

肌荒れで化粧水をつけない?

 

不十分な保湿ケア

 

スキンケアの際、化粧水を使うのが面倒なので、つけないという人がたまにいます。
ただ、不十分な保湿ケアでは、肌荒れを起こす可能性が高まってしまいます。本当に必要なければ、それはそれで結構なことですが、お肌が失った水分を補うためには、あったほうがいいアイテムであることには違いありません。

 

美容液・乳液への「道筋」となる化粧水

 

最近の傾向としては、化粧水を省いた「お手軽」なスキンケア方法にも注目がいっているようです。
お肌が弱まっている場合、洗顔後すぐに、美容液や乳液をつけると肌負担が増すことになり、肌荒れの原因になることがあります。
そもそも、化粧水はスキンケアのベースとなるようなアイテムです。美容液などの美肌成分を、肌深部へ入りやすくする道筋を作る重要な役割があります。各アイテムがもつ特性を考えると、肌荒れ防止のためには、つけないよりつけたほうがベターなのは明らかです。

 

化粧水をつけない状態で、すぐに美容液や乳液をつけても、お肌のほうで受け入れ態勢が整っていなくて、美肌成分の効きが悪くなる可能性があります。美容液などの入りをよくし、肌荒れを予防するには、最初から最後までスキップしないことが、王道のスキンケア方法です。
加えると、ビタミンC誘導体など、肌荒れにいい水溶性保湿成分は、化粧水に最適です。美容液か乳液しかつけない場合、スキンケアで補えるはずの美肌成分に「欠け」が生じる可能性があります。

 

洗顔後90秒ルール?

 

洗顔後に、化粧水をつけないと、お肌から水分がどんどん失われていき、肌荒れの原因になることがあります。
一説では「洗顔後90秒が」とも言われますが、ともあれ、お肌が乾燥しきる前に、すぐにつけて潤いを補うのがスキンケアの鉄則です。
化粧水を使う際、コットンでつけないことも重要ポイントです。コットンを使うと、ケバ立った繊維が刺激になって、肌荒れを起こすことがあります。コットンでつけないで、手でつけたほうが、お肌への刺激が比較的少なくて済みます。
化粧水は、1回につき500円玉大が標準的な使用量です。手のひらでお顔を包みこむようにして、軽く押えてつけるのがコツです。ただしパッティングは、シミや赤ら顔など肌荒れの原因になるので、NGなケア方法です。
肌荒れ予防には、化粧水をつけないで、たまにコットンパックすることもおすすめです。大判のコットンに化粧水をしみこませ、顔全体にコットンをはります。コットンが乾ききる直前の3?5分程度で、パックを終了させるのがベストです。

 

肌荒れが起きた場合

 

スキンケアは、原則的にフルラインで順番に行うのが、お肌の健康維持に適当です。
しかしながら普段通りの手入れにもかかわらず、化粧水がしみたりほてったりして、肌荒れが起きた場合は、2?3日つけないで様子をみて、肌力の回復を待つのがよいでしょう。

 

肌荒れに使うなら保湿ケアを中心に

 

 

肌荒れに効く化粧水は、基本、保湿ケアを中心に考えなければいけません。
口コミで大評判の保湿成分セラミドやコンドロイチンが配合されると、値段が高くなると思われがちですが、プチプラで代用できるケースがあったりします。化粧品の目利きなら、ひょっとして掘り出し物がみつけられるかもしれません。

 

保湿化粧水の言い換え

 

肌荒れに効く化粧水とは、ほとんど保湿化粧品の言い換えです。肌ケアが功を奏して、カサカサ肌に潤いが戻れば、バリア機能が回復し、肌トラブルも治まっていくという寸法です。
保湿成分として、グリセリンやスクワランは、肌荒れに効く化粧水の多くに配合されています。セラミドも評判高い保湿成分で、潤いケアの要です。ナノ化したヒト型ナノセラミドは高浸透力がメリットで、肌荒れに効く化粧水は、セラミド化粧水と同一視されているくらいです。
肌荒れに効く化粧水は、外部刺激の影響を抑えるため、低刺激であることも求められるポイントです。香料、着色料、アルコールフリー等々の低刺激処方は、敏感肌向けの化粧水に多くある特徴です。
肌荒れに効く化粧水として評判がよくても、個人レベルでは合う合わないの問題があります。お試しやパッチテストは、重要なファーストステップです。ドラッグストアではよく、テスタやーやサンプルがあり、通販系では初回限定で購入できるお試しセットが使えます。

 

プチプラに掘り出し物があることも?

 

世間では、肌荒れに効く化粧水イコール高級品の図式ができ上がっているようですが、口コミから察するに、例外もある模様です。極端な話、安かろうのイメージが強いプチプラに掘り出し物があるかもしれません。
プチプラ、便宜上1000円以下に限定すると、肌荒れに効く化粧水として、インターネット上で多数ヒットします。簡素なパッケージなど、値段を抑えるための企業努力が感じ取れます。
プチプラといっても、セラミド、ヒアルロン酸、ハトムギエキスなどの保湿成分が配合されていることが多々あって、なかなか手ごたえがありそうです。高級化粧品と比較して、含有量が若干少ないなど、ワケありの部分はあるでしょうが、肌荒れに効く化粧品として十分なレベルにある製品も少なくないといいます。
プチプラは、販売価格からして永久お試し品も同然なので、口コミや直感であたりをつけたら即買いです。「保湿」などが、肌荒れに効く化粧水のキーワードになります。

 

化粧水の後はクリームで仕上げを

 

スキンケアの際、化粧水止まりにすると、どんどん水分が失われ、肌乾燥を進める原因となり、肌ケアにマイナスになります。肌荒れに効く化粧水をつけた後で、乳液やクリームで仕上げをして、取り入れた潤いをキープするのが鉄則です。潤いキープが毎日の習慣になれば、肌質・年齢に関係なく、肌荒れ知らずで世間に自慢できるほどの美肌も、射程内に入ってくることでしょう。

 

肌荒れにおすすめ化粧水の口コミ

 

しっとりタイプがベター

 

近ごろでは、さっぱりタイプの化粧水が、口コミで人気のようですが、肌荒れ予防の立場からは、しっとりタイプがベターです。お肌に刺激になりやすいアルコールなどの刺激成分はなるべく避けたい一方、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されていればパーフェクトです。

 

ブランドで選ぶ人多数

 

肌荒れにいい化粧水に限定すると、ブランドで選ぶ人多数であることは、すぐに見て取れます。規模が大きく実績あるブランドだと、ほとんど無条件に安心感を抱かせることは、口コミにもよく表れています。
メジャーな化粧品メーカーのほか異業種参入組でも、肌荒れ改善にいいと、口コミで評判を呼んでいる化粧水があります。「本業」をみると、お酒の会社、写真フィルムの会社などバラエティ豊かで、別な意味でのブランド力が、化粧品方面へ引きずられたような格好です。
肌荒れには少々心配にみえるプチプラにも、口コミで評判のいい化粧水があります。プチプラといっても、中には成分配合がじつは高級ブランド品と激似しているケースがあるとのことなので、探せば掘り出し物がみつかるかもしれません。
化粧水は、ドラッグストアや薬局で販売されているほか、通販限定品も人気があるようです。通販系は、肌荒れを起こさないか不安な要素はありますが、口コミやお試しを利用すると、かなりの精度で判定可能になります。

 

保湿成分配合がキモ

 

肌荒れにいい化粧水は多くの場合、保湿成分配合がキモです。口コミをみて「効き具合」をイメージすることが大切です。肌荒れ防止には成分表示をみて、お肌を刺激しないことも、口コミで評価されるポイントになります。
一般的な保湿化粧水では、水をベースにアルコールやグリセリンなど、保湿力が高い成分や香料が配合されています。配合成分の働きで、お肌を柔らかくし、しっとり感を高める効果が期待できます。
ただ、アルコールはお肌に刺激になりやすく、肌荒れの原因になり得ます。ノンアルコールの化粧水が、口コミで評判を呼んでいます。ノンアルコールの場合、乳化剤が配合されているケースが多く、かえって刺激になることがあるので要注意です。
最近では、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンC誘導体など、口コミで人気の保湿成分が配合された化粧水も、多く販売されています。とくにビタミンC誘導体は水溶性なので化粧水によくなじみ、肌荒れ予防に効果的に働くのです。

 

そしてやっぱりバリア機能の回復が先決

 

肌荒れ防止には、お肌を外部刺激から守るバリア機能の回復が先決であることは、多くの口コミで共有されている「事実」です。保湿化粧水とは、お肌のバリア機能アップの第一歩となるアイテムです。多量の水分を奪う洗顔後すぐにつけるようにして、お肌の水分が失われた時間を、可能なかぎり短くすることが、スキンケアの質を決めるポイントになります。

敏感肌の美白のためのアプローチはとにかく刺激を避けなければ行けません。

 

そのため、おすすめなのが天然素材です。

 

ディセンシア・サエルでは敏感肌の美白のために3つの天然美白成分を配合しています。

 

まず一つ目がコウノキエキス

 

厳選したコウキの葉からのみ採れる高純度のエキスが、

 

外部刺激によって発生した敏感肌特有のゆらぎを抑制してくれます。

 

そして二つ目がムラサキシキブエキス

 

肌に関わらず、身体にダメージを与える活性酸素による酸化…それを防いでくれる一般的な抗酸化スーパーオキシド分解以外にも、

 

フリーラジカルの消去、活性酸素によるダメージ抑制など、3つの効果がります。

 

最後3つ目がアルニカエキス

 

ハーブの一種であるアルニカの花から抽出した成分は、抗炎症、血行促進の働きがあるといわれていて、

 

肌の赤味などに効果があります。

 

このように天然成分でアプローチを行うのがディセンシア・サエルが肌に優しい理由です。

皮膚のバリア機能をアシストする
肌荒れにおススメの化粧水
美容液の解説はこちらから
クリック!



肌荒れに必須!バリア層のケア方法 化粧水の選び方 化粧水ランキング 肌断食について